AKITEN

池内啓人

1990年生まれ。多摩美術大学卒業。
卒業制作にあたり、自分の最も身近な存在であったコンピュータの内部が秘密基地に見えるという着想から、プラモデルを組み合わせたハイブリッド・ジオラマを発表し、現在に至るまで様々な立体造形物を制作する。
http://ikeuchi-products.tumblr.com

<作品コンセプト>
個人の記憶を保存するパソコンは、記憶を守るための要塞基地として、縦横無尽に動き回るマウスは防衛用の戦車として、既製品本来の形状や使われ方に着想を得た具現化を施し、そのものが持つ特色や可能性を浮き彫りにする。

<過去の展示など>
ICCオープンスペース エマージェンジー022
アルスエレクトロニカ TOTAL RECALL展
第17回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門優秀賞受賞